住宅購入は増税前がお得!って本当??

2019年10月から消費税が10%に増税されます。

「それなら増税前の8%のうちに購入すれば安くすむから早く決めないと!!!」と、
思われるかもしれませんが・・・
実は、増税前に購入するのが必ずしもお得とは言えないのです。

消費税が増税されるのが事前にわかっていれば、「家を買うなら増税前!」と、需要が急増することが予想されます。
逆に言うと・・・
その反動で増税後の需要の落ち込みが懸念されますよね。

ですから、増税後の住宅需要の落ち込みを軽減するべく、さまざまな支援策を準備しているのです。
例えば・・・

①住宅ローン控除の期間が3年延長

 

②すまい給付金が最大50万円に

 

③贈与税非課税枠が最大3000万円に

 

④次世代住宅ポイント制度

 

などです。
詳細な説明は改めて書きますが、新築やリフォームを行う場合、増税後がお得になる可能性もあります。
次世代住宅ポイント制度に該当する住宅や設備投資であれば、最大35万円ポイントを受け取ることができますよ。

では、増税前の購入がお得になりそうなケースはどのような場合でしょう??
例えばこんな方です。


高級マンションをほぼ現金で購入(高収入の方)
高収入の方はすまい給付金の対象にならないのと、住宅ローン控除のメリットもさほどありません。。。

今、高収入ではなくても、資産があって、住宅ローンを利用しない場合も同様です。

 

消費税以外で考慮すべきポイントとは!?

物件価格、金利なども考慮しましょう。

また、2019年10月1日以降の引き渡しでも、経過措置として注文住宅やリフォームの請負契約が2019年3月31日までに締結されていれば消費税8%で購入できます。

ご家庭によって様々なケースがありますので、検討されている方はぜひ、個別相談にお問い合わせください。

 

別所(BESSHO)工務店では資金計画から相談に乗らせていただいています。

相談のお申込み(Webビデオでも可能です)