スタッフブログ

新築の入居前にやることとは?事前に準備しておきましょう

2022/09/18(日) 家づくりのこと

こんにちは! 京都の別所工務店です☆
「新築の入居前に準備しておいた方が良いものについて知りたい」
このような考えをお持ちの方はいらっしゃいませんか。
そのような方のために今回は、新築の入居前にやっておくべきことについて解説します。
引っ越しの流れに沿って紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

□新築の入居前にやっておくべきこととは

綺麗な家に引っ越して新生活を送ることを楽しみにしている人も多いでしょう。
引っ越しの際は、入居前にやらなければならないことや片付けなければならないことがたくさんあります。
新生活をスムーズに送るためにすべきことを4つご紹介します。

1つ目は、害虫対策をすることです。害虫対策は、入居前の家具や家電を置く前にしておくと良いでしょう。

害虫はシンク、洗面台の下やエアコンのホースを通している穴のような隙間から侵入します。
害虫が入ってこないように隙間を埋めるようにしましょう。
また、エアコンの取り付けが終わっていない場合は、取り付け後にホース穴に隙間がないか確認しましょう。
室外機近くのドレンホースに防虫キャップをすると、ホースからの害虫の侵入を防げるためおすすめです。

2つ目は、カーテンを採寸し購入することです。

カーテンがないと外から丸見えになってしまいますので、入居した日から取り付けが必要になります。
また、カーテンは窓のサイズで注文することが多く、届くまでに時間がかかることがあるので、新居に引っ越す前にできるだけ早く準備を始めておくと良いでしょう。

3つ目は、家具や家電の配置を決めることです。

引っ越しの際は、荷物を迅速に運び込むので、当日に家具や家電の場所が決まっていないと効率が悪くなってしまいます。
入居前に、家具や家電をどこに配置するのか決めておきましょう。

4つ目は、防カビ処理をすることです。

カビは害虫と同じく隙間から水分が入り込むことによって発生します。
家にものがないうちに、水回りのカビ対策をしておきましょう。

□引っ越しのスケジュール別にやることとは

まず、引っ越しが決まったらすぐに退去に関する手続きや手配を行うようにしましょう。
引っ越しの1ヶ月から1週間前までには、荷造りをしておくことをおすすめします。

また、不用品や粗大ゴミの回収を依頼し、引っ越しに使用する梱包資材をあらかじめ準備しておくと良いでしょう。
他にも、役所や学校、勤務先にも届け出を提出する必要があり、ライフラインや郵送物の転送手配なども忘れずに行いましょう。
そして引っ越しの前日には、旧居の掃除やゴミの最終処分をしておく必要があります。

□まとめ

この記事では、新築の入居前にやっておくべきことについてご紹介しました。
新築の入居前にやるべきことは多いですが、快適に新居で生活をスタートするには必要な準備です。
ご不明点等がありましたら、当社までお気軽にご相談ください。

記事一覧

1ページ (全8ページ中)

ページトップへ