スタッフブログ

ウォークインクローゼットが小さい!効果的な収納方法をご紹介!

2022/07/01(金) 家づくりのこと

こんにちは! 京都の別所工務店です☆

「ウォークインクローゼットが小さくて上手く収納できない」
「狭いウォークインクローゼットを上手に使うにはどうすれば良いのだろう」
このようにお悩みの方がいらっしゃると思います。
そこで今回の記事では、小さいウォークインクローゼットを上手に活用する方法をご紹介します。
ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

□引き出しを上手く活用する収納法について

1つ目は、衣装ケースを使用する方法です。
ウォークインクローゼットが狭い場合は、衣装ケースを使用するのがおすすめです。
衣装ケースは、クローゼットの大きさに合わせて選べるため、どのようなクローゼットであっても対応可能です。

衣類だけでなく、毎日使用するものをストックする場所としても使用できるため、空間を上手に利用して収納できます。
趣味に使う道具を収納しても良いですね。

衣装ケースには、引き出しタイプと釣り竿を立てて収納するタイプのものがあります。
どちらが良いかは、ご自身で決めると良いでしょう。

2つ目は、タンスを使用する方法です。
タンスを使用すると、タンスの上部分をアクセサリーを置く部分として活用できます。
おしゃれな鏡をおくと、服を選ぶ時も楽しめます。
また、どこにどのアクセサリーがあるかを把握しやすいため、準備をするときにも楽です。

3つ目は、透明の引き出しを使用する方法です。
透明の引き出しを使用することで、引き出さなくても中を確認できます。
また、衣類の下の使いづらい部分を上手に活用できます。

□ウォークインクローゼットに向いていない収納品をご紹介!

ウォークインクローゼットに向いていない収納品の1つ目は、たたんだ方が収納しやすい衣服です。
コートのような羽織は、畳むのが難しいですよね。
しかし、畳んで収納できるシャツや肌着は、クローゼットに入れなくても収納できるでしょう。

2つ目は、幅が大きすぎる衣服です。
幅が大きすぎて、1つ収納するだけでウォークインクローゼットの大部分を占めてしまうようなものだと、他の服と擦れてしまうことがあります。
洋服が痛むのを防ぐためにも、クローゼットを使用する場合は衣服を詰めすぎないことが重要です。

□まとめ

今回の記事では、ウォークインクローゼットを上手に使うコツについてご紹介しました。
小さなウォークインクローゼットでも上手に使うことで、収納としてしっかり活用できます。
この記事をぜひ参考にしてみてくださいね。
また、何か相談や質問がございましたら、当社までお気軽にご連絡ください。

記事一覧

1ページ (全7ページ中)

ページトップへ