ハウスメーカーと工務店の違いとは?それぞれのメリットや選ぶ基準を解説します!

2023/02/06(月) 家づくりのこと

こんにちは! 京都の別所工務店です☆
家を探しているけれどなかなか良い間取りの家が見つからないため、注文住宅にしてみようかと考えている方はいらっしゃるかと思います。
注文住宅はハウスメーカーか工務店のどちらかに依頼することになるため、きっとどちらを選ぶかで迷うことになると思います。
そこで今回は、ハウスメーカーと工務店のメリットの違いや、どちらかを選ぶ際の判断基準についてご紹介します。

□ハウスメーカーと工務店のメリットの違いをご紹介!

ハウスメーカーと工務店のメリットをそれぞれいくつかご紹介します。

*ハウスメーカーのメリット

1つ目は、工期が工務店と比べて短期になりやすいことです。
ある程度決まった間取りの中から気に入ったものを選択して家を建てるため、間取りの設計にかかる時間は工務店よりも短くなります。

2つ目は、見学しやすいことです。
ハウスメーカーの注文住宅は間取りがある程度決められており、同じような間取りのモデルハウスが準備されています。
暮らしやすさについて事前に見学して確認できるため、納得のいく間取り選択が出来るでしょう。

*工務店のメリット

1つ目は、設計の自由度がハウスメーカーよりも高いことです。
間取りをスタッフと相談しながら1から設計できるため、自分の理想に近い家を建てられます。

2つ目は、広告費がかからないことです。
工務店は地域密着型であるため、全国から顧客を集めるために多大な広告費をかけることはありません。
その分注文住宅の購入価格に広告費が上乗せされないため、設備や間取りにあてられる予算が増えるのです。

□ハウスメーカーと工務店のどちらかを選ぶ時の判断基準とは?

ハウスメーカーと工務店のどちらを選ぶかで迷った際の判断基準を2つご紹介します。

1つ目は、「どれだけこだわりを実現したいか」です。
「間取りにそこまでこだわりがなく、設計もよくわからないからある程度はプロに決めてもらいたい」という方は、ハウスメーカーがおすすめです。
一方で、「こんな家に住みたい」という理想を普段から強く持っている方の場合は工務店がおすすめです。

2つ目は、「安心できるかどうか」です。
ハウスメーカーは大企業だから安心という方は多いです。
しかし、ハウスメーカーは営業と設計の担当が別々であるため、お客様の希望が会社の間で細かく共有されない可能性があります。
一方で、工務店は設計するスタッフがお客様の希望を直接聞きながら設計していくため、こだわりが確実に考慮されるという点で非常に安心です。

□まとめ

ハウスメーカーには工期が短い、見学がしやすいというメリットがあります。
一方で工務店には、設計の自由度が高い、広告費がかからないというメリットがあります。
ハウスメーカーか工務店のどちらを選ぶかで迷った際は、これらのメリットを考慮したうえで「どれだけこだわりを実現したいか」で決めることをおすすめします。
こだわりの家を実現したい方は、ぜひお気軽に当社までお問い合わせください。

1ページ (全10ページ中)