注文住宅を建てる方必見!住宅ローンに関して基礎知識をつけましょう

2022/03/09(水) 家づくりのこと

こんにちは! 京都の別所工務店です☆

注文住宅を建てられる方に知っていただきたいのが、住宅ローンについてです。
注文住宅を建てるのなら、ほとんどの方が住宅ローンを組むことになります。
ここでは、住宅ローンの基礎知識をご説明するので、ぜひご一読ください。

□住宅ローンの流れとは?

まず初めに、住宅ローンの流れをご紹介します。
住宅ローンを実際に実行するまでの流れは、大きく7つの工程に分けられます。

1つ目は、大まかなプランと予算を決定することです。
住宅ローンで考慮する必要があるのが、土地代と建築費です。
この2つを予算内に収めて、家族の理想が叶えられるようなプランを立てます。

2つ目は、土地の購入です。
広さや立地などの条件に照らし合わせて、理想の土地を購入します。

3つ目は、住宅ローンの事前審査です。
銀行などの金融機関によるローンの事前審査があります。
仮審査とも呼ばれています。
審査には、おおよそ1週間から3週間ほどかかることがあります。

4つ目は、工事請負契約です。
これは建築会社に対する契約です。
建物の完成と引き換えに支払いを約束するという内容の契約です。
この契約までに、工事の詳細なプランや設計は決定させておく必要があります。

5つ目は、住宅ローンの本審査です。
住宅ローンの審査の本番です。
本審査には、住宅の登記や建築確認済証などの書類が必要です。
あらかじめ準備しておくと良いでしょう。

6つ目は、住宅ローンの契約です。
審査が通ったら住宅ローンを契約します。

7つ目は、住宅ローンの実行です。
これで一連の流れが完了です。

□住宅ローンの基本形は3つあります

住宅ローンの基本形には3つあることをご存じでしたか。
それぞれをご説明します。

1つ目は、建築費だけを住宅ローンで支払うものです。
これは、すでに土地を持っているか、自己資金で土地代をまかなえる場合に当てはまります。

2つ目は、土地代と建築費を住宅ローンで支払うものです。
これは、土地代と建築費の両方を住宅ローンから支払いする方法で、最も一般的でしょう。

3つ目は、土地先行融資で土地代金を支払うものです。
これは、土地を購入して支払う時に、土地代の分の融資が実行されます。
自己資金がほとんど無い人に向いているでしょう。

□まとめ

今回は、住宅ローンについて様々な基礎知識をご紹介しました。
住宅ローンの流れを掴んでおいて、事前に準備をしておくと良いでしょう。
また3つの基本形のどれがご自身に当てはまるか検討してみてください。
新築住宅をお考えの方はぜひ当社までお問い合わせください。

1ページ (全9ページ中)