スタッフブログ

ハウスメーカーと工務店の違いとは?選び方もご紹介!

2022/05/13(金) 家づくりのこと

こんにちは! 京都の別所工務店です☆

「マイホームを建てる際、ハウスメーカーか工務店のどちらを選べば良いのだろう」
このような疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
この記事では、ハウスメーカーと工務店のそれぞれの特徴と、選ぶ時の決め手を解説します。
ぜひ参考にしてください。

□ハウスメーカーと工務店のそれぞれの特徴を解説します

まず、ハウスメーカーと工務店の違いを解説します。
主な違いは、家を作るプロセスや商売規模にあります。

ハウスメーカーは、住宅の建築及び販売をしている会社の呼称で、まとめて資材を仕入れるような大規模な会社が多いです。
作り方がシステム化されているので、短期間で建築できるという特徴があります。
さらに、会社ごとに得意分野があったり、地震に対する独自の技術を持っていたりするなど、他社との差別化が図られています。

街の住宅展示場などに行けば、実際の家をモデルハウスで見られるので、イメージしやすいという特徴もあります。

一方で、工務店は地域に密着している小さな会社が多いです。
街の大工さんをイメージする方も多いかもしれませんが、工務店は以下の3つに分けられます。
・自社に大工がいる工務店
・施工は外注する工務店
・フランチャイズ加盟の工務店

しかし、どれも地域密着型という点では同じです。
自由な設計が基本で、要望次第で工法や仕上げの素材などを選べる会社がほとんどで、設計からアフターサービスまで基本的に同じ担当者がつくケースが多いので安心感があるでしょう。

これらがハウスメーカーと工務店の主な違いです。

□ハウスメーカーか工務店かの選び方を解説します

ここまで、ハウスメーカーと工務店の主な違いを見てきました。
最後に、どちらを選ぶべきか迷っている方へ、選ぶ際のポイントを紹介します。

ハウスメーカーをおすすめしたい方のタイプとしては、安心感やブランド力を重視したい方でしょう。
企業としての規模が大きく、自社で建築資材を生産しているのでクオリティに安定感があります。
アフターサービスもシステム化しているので、入居後も安心ですね。

こだわりの家をゼロから作りたい方は、工務店に依頼をするのがおすすめです。
住宅にこだわりが強く、知識がある程度ある方にはぴったりでしょう。
これらの点を軸に、どちらにするか選ぶと良いでしょう。
また、どうしても決められなければプロの意見を聞いてみることをおすすめします。

□まとめ

この記事では、ハウスメーカーと工務店のそれぞれの特徴と、選ぶ時の決め手を解説しました。
どちらか迷っている方の参考になれば幸いです。
当社では、住宅に関する様々なお悩みにお答えいたしますので、ぜひ一度ご相談ください。

記事一覧

1ページ (全6ページ中)

ページトップへ